2007年01月06日

Google アラート - 明治維新

ひとすじの蛍火 吉田松陰 人とことば】春篇(3)叔父・玉木文之進
産経新聞
松陰兄弟のほか、明治維新後、爵位を授かることになる
幾人かのその後の志士たちが彼の下で学んだ。日露戦争
で第3軍司令官を務めた陸軍大将、乃木希典も彼の門人
である。
文之進はすぐれた教育者だった。が、彼の教育法は後世
に「苛烈(かれつ)」として伝えられている。 ...


書評】『奄美の債務奴隷ヤンチュ』、名越 護著
ライブドア・ニュース
明治維新も、国内最後で最大の内乱といわれる西南戦争
も、奄美の黒糖がなければ実現できなかったのである。
日本の近代化は奄美の犠牲の上に成り立っているといっ
ても過言ではなかろう」と、「あとがき」で述べている
。 わたしもイギリス産業革命の裏側に、大西洋奴隷 ...


駒ケ根高原美術館で能装束の特別展
長野日報
能装束は明治維新後、生産性を重視する欧米文化の流れ
の中で「明治2年には絶えた」(山口館長)。山口さん
が所長を務める山口能装束研究所が、江戸時代の能装束
や文献を調べ、桑栽培、蚕の種類から染色、織りなどを
すべて研究し、江戸時代の技術を復元した。 ...


この Google アラートはその都度の頻度で送信されます...
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
この Google アラートを削除する:
http://www.google.com/alerts/remove?s=EAAAAHOPNIXCZGRq4lULfs9dU1M&hl=ja

別の Google アラートを作成する:
http://www.google.com/alerts?hl=ja

Google アラートにログイン:
http://www.google.com/alerts/manage?hl=ja
posted by なんでんかんでん at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。